カルボナーラの約束

今日はしとしと雨降りでしたね。
雨も薄曇りもまたよし、です。

じわじわ寒くなってきたので、みんなもこたつを出したとか、毛布を一枚多くかけて寝たとか、着々と静かに冬支度の気配です。冬支度って言葉大好きです。


お客さんのお孫さんのよしあくん(小3)と夏から約束していたことがありました。
よしあくんは、カルボナーラが大好き。やじろべえのメニューには、カルボナーラは無かったので、ここはひとつとっておきのおいしいのを作ってあげたいと鼻息を荒くしたというわけです。
きっとおいしいの作れるようになるから待っててね、と言ったときはまだ真夏でした。あれから何度も挑戦し、途中猛暑すぎて、カルボナーラを作って食べるってことにくじけそうになりつつ、つい先日完成したのです。

イタリアでは、生クリームを入れないらしい!!との情報から、私も本場っぽく作りたい!と息巻いて、身の程知らずにも、生クリームなしの難関に挑みました。
パルメザンチーズと、卵だけで本当にクリームのような濃厚さ。でも生クリームじゃないから、しつこくない。これはかなりいいのいでは!?

とはいっても、実際自分以外の誰かに食べてもらうのはかなり緊張します。しかも今回は小学生。子供は正直。不味ければはっきり言ってくれる。

カルボナーラ好きの子供がうまいと言わなければ、お店でも出せるわけがない。ドキドキしながらこっそり、よしあくんの食べてる姿を見ていました。

ぱくぱく勢いよく食べている様子から、一安心。きれいに食べてかわいい笑顔で、「おいしかった」をいただきました。なみだ出そうにうれしい。ありがとう。

気を遣っておいしいって言ってくれたんじゃないかと、弱気な自分もいますが、今日は、とてもうれしい気持ちになれました。

「お店で出しても大丈夫だと思う?」って聞いたら、いいよって言ってくれたので、近々、メニューとして登場することになると思います。

a0238696_215258100.jpg

何年分のカルボナーラを食べただろうか…スポーツの秋を始めないと。
[PR]

by sasasakikiki32 | 2011-10-05 21:49  

<< 銀河の果て おばあちゃーん!!! >>